霞ヶ関カンツリー倶楽部

  • 会員専用ページ
  • English


ご利用案内/information

ご利用案内/information

霞ヶ関ドレスコード

服装についてのお願い

服装については当倶楽部の伝統・文化と一体のものであり、ご来場時・プレー時・倶楽部ハウス内、夫々に、当倶楽部の雰囲気に相応しい服装が求められます。
従って、服装は当倶楽部の品位と伝統を守った、色・柄・デザイン等とともに、着方・履き方・身に着け方にもご配慮いただくようお願いいたします。
別途ドレスコード(下記)を定めておりますのでご遵守願います。
なお、本ルールはご来場いただくゲストの皆様方にも会員同様にご遵守いただくものですので、事前に十分にご理解いただき、徹底いただきますようお願いいたします。
ご承知されずにご来場されますと、着替えをお願いするなど、大事なゲストの方が大変不愉快な思いをされかねませんので、一日楽しくプレーしていただくためにも徹底を宜しくお願いいたします。

上 着

■ ご来場の際は上着(ブレザー・ジャケット)を着用願います。
(ただし、6月15日~9月15日は任意とします)
ブルゾン・ジャンパー類でのご来場はお断りいたします。

ズボン・スカート

■ 半ズボンでのご来場はお断りいたします。
またプレー中での半ズボン着用時は、膝下までのハイソックスを着用願います。
半ズボンとスポーツインナーの重ね着はお断りいたします。
尚、半ズボン丈は膝上までとし、長過ぎたり短か過ぎるものはお断りいたします。

■ 女性のミニスカート・ホットパンツ・スパッツ・レギンス等は着用をお断りいたします。
なお、ゴルフスカート・キュロットは膝上5cm以内のものを着用願います。

■ カーゴパンツ(ポケットの膨らんだタイプ)・ジーンズ等の着用、また、極彩色・迷彩柄・飾りが目立ちすぎるデザインのものも着用をお断りいたします。

シャツ

■ 折り返しのある襟付き袖付きのシャツ(女性のノースリーブは可)、または、タートルネックを着用願います。

■ Tシャツ・トレーナー・ハイネック(襟部分が4cm以下のもの)・スタンドカラー、並びに女性のタンクトップ・キャミソール等の着用はお断りいたします。
また、シャツの襟を立ててラウンドする場合も、倶楽部ハウス内では襟を戻すようお願いします。

■ 半袖シャツの下に長袖アンダーウェアー等(ハイテク素材含む)が見えるような重ね着、 また、長袖アンダーウェアーに類似するアームカバーも着用をお断りいたします。 必要な場合は長袖シャツを着用願います。

■ シャツの裾は外に出さないで下さい。ただし、女性のオーバーブラウス仕立てのシャツに限り着用可といたしますが、腹部が見える着丈の短いものは着用をお断りいたします。

履物・ゴルフシューズ

■ スニーカー・サンダル・ミュール・スリッパ類及びゴルフシューズでの来場はお断りいたします。
またメタルスパイクシューズはコース・練習場・倶楽部ハウス内等全域で着用をお断りいたします。

服装に関するマナー

■ 食堂内では、帽子、防寒・風雨よけの衣服(レインウェアー、ジャンパー、ウインドブレーカー、ダウン・キルティング素材のベスト)は脱いで下さい。

■ 暑い夏は汗で食堂の座席を濡らしてしまい、不快感を与える場合があります。着席前にシャツやスラックスを着替えることも他の方への嬉しい気遣いです。

■ タオルは、首や肩にかけたり・腰にぶら下げたりしないで下さい。

平成28年7月

エチケット・フェローシップ委員会